YOKOMO DRIFT MEETING Round-82
2016年7月10日(日) TamTam 名古屋店



 愛知県北名古屋市にある、ホビーショップ TamTam 名古屋店でヨコモ ドリフト ミーティングRound 82を開催しました。今回行われたカテゴリーは、単走審査のエキスパート クラス、追走トーナメントで審査するD1クラスの2つに加え、RWDクラスも行いました。

 エキスパートクラスは、予選単走審査4本、決勝は単走2本で行い、上位3名には、D1クラス昇格の権利が与えられます。予選ではまず、ぬまっち選手が90点オーバーの高得点をたたき出し暫定1位を確保。しかしチームヨコモのゆーすけ選手がさらに上回る高得点を出し逆転。予選結果はゆーすけ選手、ぬまっち選手、Mak選手となりました。決勝はぬまっち選手とゆーすけ選手のベストポイントが同ポイントとなりセカンドポイントの差でゆーすけ選手が優勝しました。

 注目のD1クラスの予選では、上位陣が90点オーバーとハイレベルな戦いとなりました。 その中でもチームヨコモのしゅんすけ選手が抜群の走りで他を圧倒する高得点を出し予選1位を決めました。2番手には地元愛知県の志っちゃん選手、3番手には千葉県から参加して頂いたTeam RAURの光選手となりました。 
決勝は、予選上位陣に波乱があり、志っちゃん選手、光選手は追走でミスをしてしまい1回戦で敗退してしまいました。セミファイナルでは、茨城県から参加して頂いた ぱぱら選手と、岐阜県のエロテン選手の対戦となり、2回目のサドンデスで、ぱぱら選手が僅かなミスをし、エロテン選手が優勝決定戦に進出。優勝決定戦では、チームヨコモのしゅんすけ選手とエロテン選手の追走となり、安定した追走を決めたしゅんすけ選手がエロテン選手に競り勝ち優勝を決めました。

 今回、ヨコモ ドリフト ミーティングの地方戦では初となるRWDクラスが設けられ、RWD使いの選手達が熱い追走ドリフトを繰り広げました。予選ではチームヨコモのしゅんすけ選手と、ライコネン部長選手、Team RAURの光選手、地元愛知県のTAO選手が他選手を圧倒する単走ドリフトで高得点をたたき出しました。 
決勝は8名による追走トーナメントで行われ、セミファイナルではしゅんすけ選手と、TAO選手が対戦となり双方ともミスのない走りでなかなか決着がつきませんでした。サドンデス4回目でTAO選手が僅かなミスで得点差が付き、しゅんすけ選手がファイナルに進出。セミファイナル2組目では、光選手とライコネン部長 選手が対戦し、軍配は光選手にあがりました。優勝決定戦は、光選手と、しゅんすけ選手の対戦となり、しゅんすけ選手が光選手に競り勝って優勝しました。

 次回のヨコモドリフトミーティングは9月10日(土)11日(日)の2日間開催にて茨城県の谷田部アリーナに舞台を移して行われます。ヨコモのRWD車、YZ-2が間もなく発売になります。RWDクラスも益々盛り上がる事でしょう。多数のご参加をお待ちいたしております。

協賛各社

コンクール・ド・エレガンス  
ライコネン部長選手

 総合結果

RWDクラス


 
 
エキスパートクラス


 
 

D1クラス


D1クラス シリーズポイント ランキング [PDF170KB]

エクステリアアイテムオプションパーツGOODS & TOOL

ヤタベアリーナ

ドリフトパッケージ ボディギャラリー

ドリフトパッケージ イチロクM