YOKOMO DRIFT MEETING Round-77
2015年10月25日(日) 谷田部アリーナ


 ドリフトミーティングRound-77は2015年10月25日、谷田部アリーナにて開催いたしました。ミニクラス、エントリークラス。スポーツクラス。エキスパートクラス、D1クラス、ワールドクラスの計6クラスに、延べ130名以上の選手で盛大に行いました。
谷田部アリーナのドリフト グランプリコースはストリート風のマーキングが施され、いつもとは違った雰囲気に装飾されました。審査エリアは左外周の立ち上がりから奥のストレートを加速し、右奥の審査席前で180度折り返し、中央の交差点を左折して審査終了となります。レイアウトとしては単純ですが、これにストレートの振り替えし位置、ストレート入口とアウト側のYDS審査、さらに審査席前でしっかりと減速し、交差点へのつなぎをスムーズに行うなど、想像以上に高い難易度のコースとなりました。

  ドリフトラジコンの登竜門とも言えるスポーツクラス、コントロールに手応えを感じ始めた選手も多く、イベント中でも予選から決勝にかけてレベルアップしているような雰囲気さえあります。決勝に進出した8名の中でも特に安定感が高かったのはりゅうと選手で、4ドアボディながらキレのある切り返しでコーナーを攻めて優勝を果たしました。さらに2位には女性ドライバーのChloe選手が初参戦ながら表彰台獲得、さらに3位にもミヤシタ1号選手が入賞し、ジュニアと女性ドライバーが大活躍したクラスとなりました。

  D1クラスへの昇格が大きな目標のひとつであるエキスパートクラス、決勝では単走審査で行われるため、緊張感がピークに高まります。さらに今回のレイアウトではストレートアウト側の寄せ具合が大きくポイントに響くため、逆に寄せすぎてクラッシュという場面も多く見られました。そんな中でも素晴らしい走りを見せたのはイチハラ選手やKnight選手で、トップを狙える90点台のポイントを獲得して予選上位のドライバーにプレッシャーを与えます。そしてそのプレッシャーを感じてしまったのか、後続のドライバーが攻めきれずにポイントを落とし、結果的ににKnight選手が優勝、そしてイチハラ選手が準優勝となりました。ベテランドライバーのイチハラ選手は念願のD1クラス昇格、仲間から胴上げの祝福を受けて盛り上がりました。

  この後11月22日にはドリフトミーティングRound78が愛知県のホビーショップTamTam 名古屋店にて開催されます。さらに12月12,13日の2日間には年末恒例のドリフトミーティング スペシャルラウンド2015も開催。このスペシャルラウンドにはMCの鈴木学さん、さらにゲストとして上野高広選手、ドリフト侍選手、D1グランプリ審査委員長の神本寿氏が来場し、イベントを盛り上げていただく予定です。ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

協賛各社

コンクール・ド・エレガンス  
オートサービス トキタ賞  
ヨコモレディ賞(夕陽あや)  
ヨコモレディ賞(月野真麻)  
TNレーシング賞  
T&E賞  












 総合結果
 ミニクラス



 
 エントリークラス




 
 スポーツクラス




 
 エキスパートクラス




 
 D1クラス



D1クラス ランキング [PDF181KB]
 
 ワールドクラス



ワールドクラス ランキング [PDF124KB]

エクステリアアイテムオプションパーツGOODS & TOOL

ヤタベアリーナ

ドリフトパッケージ ボディギャラリー

ドリフトパッケージ イチロクM