YOKOMO DRIFT MEETING Round-73
2014年6月21日(日) 茨城県つくば市/谷田部アリーナ


 6月21日(日)、谷田部アリーナにて、ドリフト ミーティング Round73を開催しました。今大会には、久しぶりに参加される方や、初めて参加される方が多くおられ、定員の150台での満員御礼のイベントとなりました。
今回のコース レイアウトは、グランプリ コースの横幅を目いっぱい使い、ヘの字型に変形させ、いかにスピードを出しながら正確にアウトクリップを狙えるかが審査の重要なポイントとなりました。

協賛各社

コンクール・ド・エレガンス  
T&E賞:みつ選手  
オートサービス トキタ賞:キリヤ選手  
TN RACING 賞:カナト選手  
ヨコモ レディ賞(三浦 のん):アキラ選手  
ヨコモ レディ賞(阿川 麻美):Knight選手  












 総合結果
 ミニクラス

 予選、決勝共にヤマノイ選手が快走し、2大会連続で優勝。準優勝はNoda選手、3位はハセヤン選手となった。




 
 エントリークラス

 エントリー クラスは3クリップのみで審査。クリッピング ポイントを一番多く通過した ミヤシタ1号選手が予選をトップで通過。2位ガジラ選手、3位ひろ選手と続く。決勝では、ひろ選手が逆転して優勝、予選8位からジャンプ アップしたキリヤ選手が準優勝、ガジラ選手が3位となった。優勝のひろ選手は、次回よりスポーツ クラスへ昇格となります。




 
 スポーツクラス

 このクラスでは、1クリップと3クリップの2か所で審査をしました。予選は光パパ選手がトップで通過。2位に世界のイシイちゃん、3位フクゾウさんと続きます。決勝では予選の好調を維持し続けた光パパ選手が優勝、予選5位のよったん選手が準優勝、予選7位通過のドリル選手が3位に入った。上位3名は次回よりエキスパート クラスへ昇格。



 
 エキスパートクラス

 45台で争われたエキスパート クラス。このクラスより審査はYDSを使用しました。YDSでの得点が80点満点、審査員が25点を加え105点満点で行われた中、予選の単走2本で最高得点の103.04点を出したのは、D店長選手。2番手は101.19点のホダカ選手、3番手に99.15点のポンちゃん選手と続きます。決勝ではD店長が安定した100点越えのドリフトを披露し優勝。予選4位のクラッチ選手が準優勝、予選7位のYUKI選手が3位となった。上位3名はD1クラス認定者となります。




 
 D1クラス

 47台が参加。予選は104.69点の最高得点を出したタケ選手がトップで通過、2位は104.47点のミツキ選手、3位には104.13点のハセヤン選手。決勝進出上位8名の全員が100点超えのハイレベルな戦いとなりました。追走方式の決勝戦では、Mura選手とハセヤン選手の勝負となり、Mura選手が勝利、準優勝ハセヤン選手、3位タケ選手となった。
Mura選手は、ワールド クラスへ昇格となり、12月開催の世界選手権への出場権利を得ました。



D1クラス トーナメント動画

D1クラス ランキング [PDF171KB]
 
 ワールドクラス

 予選は満点の105点を出したガチャピン選手がトップで通過。2番手には104.85点のヨシノブ選手、3番手104.18点のKAZU選手。決勝戦はガチャピン選手と、ヨシノブ選手の対戦となり、1本目ではヨシノブ選手がアドバンテージを得るが、2本目のスタート直後にヨシノブ選手が壁にヒットしてしまい痛恨の減点。ガチャピン選手が優勝。ガチャピン選手はランキングでもトップをキープ。準優勝ヨシノブ選手、3位KIN選手となった。


ワールドクラス トーナメント動画


ワールドクラス ランキング [PDF137KB]

 次回の 【ドリフト ミーティング Round-74】 は、7月19日(日)、神奈川県にあるGサーキットさんでの開催です! 7月5日には 【ヨコモ ドリフト チャレンジ in 神奈川】 も開催しますので、是非ご参加下さい!

又、次回の谷田部アリーナでのドリミは、鈴木学さんのMCです! 定員に達すると受付は終了してしまいますので、是非お早目にお申込み下さい!
 

エクステリアアイテムオプションパーツGOODS & TOOL

ヤタベアリーナ

ドリフトパッケージ ボディギャラリー

ドリフトパッケージ イチロクM