YOKOMO DRIFT MEETING Round-71
2014年4月19日(日) 茨城県つくば市/谷田部アリーナ


 ヨコモ ドリフト ミーティング Round71 は、141台のエントリー数が谷田部 アリーナに集まり、賑やかに開催致しました。今回は参加選手全体の約1割が、ドリミに初めて参加される方でした。ヨコモ ドリフト ミーティングは、初心者やまだドリフトが上手く出来ない方大歓迎のイベントですので、今後も益々新しい方にご参加いただける事を望んでいます。今回のヨコモレディ、千葉えりかさんと阿川麻美さんもエントリー クラスに参加し、慣れないドリフト ラジコンを楽しんでくれていました。

 今回のコース レイアウトは、D1グランプリのエビス サーキット風に作りました。クイックにふり返しながら審査開始ラインを通過し、ハイスピードで審査前を通過、その後はS字で審査終了となり、かなり長めの審査区間でした。

協賛各社

コンクール・ド・エレガンス  
オートサービス トキタ賞:ヒロ選手  
TN RACING 賞:フクゾウ選手  
ヨコモ レディ賞(千葉 えりか):光パパ選手  
ヨコモ レディ賞(阿川 麻美):Hiro選手  

ヨコモ 賞 :一番星選手

 







 総合結果
 ミニクラス

 ミニ クラスの予選では、第1ラウンドでタケ選手が1位、ヤマノイ、ぱぱら選手と続く。第2ラウンドではヤマノイ 選手が1歩抜き出て予選をトップで通過。決勝でもヤマノイ 選手の走りが冴えて優勝。準優勝はタケ選手、そしてNoda 選手が3位に食い込んだ。




 
 エントリークラス

 エントリー クラスは、りゅうと 選手が予選第1ラウンドでトップに立ち、2位 ヒロ選手、3位 りゅうや 選手となる。第2ラウンドでは、再びりゅうと 選手がトップ、2位にりゅうや 選手、3位にガジラ 選手が入る。決勝では、りゅうと選手が好走で優勝を決めた。準優勝はりゅうや 選手、そして予選5位からジャンプ アップした女性ドライバーの、りーな 選手が3位に入賞。




 
 スポーツクラス

 スポーツ クラスは、masato 選手が予選第1ラウンドでトップ、キョーゴ 選手、光パパ 選手と続く。予選第2ラウンドではmasato 選手、ゆうき 選手、キョーゴ 選手の順で決勝に進出し、決勝でも乗りに乗っていたmasato 選手が優勝。準優勝はmasato 選手のご子息のオッキー 選手が入り、親子で1-2フィニッシュ。3位入賞はキョーゴ 選手となった。




 

 エキスパートクラス

 エキスパート クラスからは、YDSでの審査となります。予選第1ラウンドで96.49の最高得点を出したのがポンコツ 選手、以下ミヤシタ2号 選手、星光 選手と続く。第2ラウンドでは、ポンちゃん 選手が100点越えの100.52点を出しトップに躍り出る。2位に星光 選手、3位 ポンコツ 選手となり、上位16名が決勝に進出。決勝では、99.50点を出した小学3年生の星光 選手が優勝。準優勝はおのちゃん 選手、3位ミヤシタ2号 選手となった。



 
 D1クラス

 D1 クラスの予選第1ラウンドで100.87の最高得点を出したのは、ナガシメ 選手、以下タケ 選手、Mura 選手と続く。第2ラウンドではヤマノイ 選手が何と103.95の得点を出してトップに出る。決勝は上位8名による追走方式となり、予選3位のMura 選手と予選4位のライフ 選手の決勝戦を制したライフ 選手が優勝、準優勝はMura 選手、3位にヤマノイ 選手となった。



D1クラス トーナメント動画

 
 ワールドクラス

 ワールド クラスの予選では、第1ラウンドで、103.98点のYDS始まって以来の最高得点を出したハヤト 選手がトップで通過、2番手は103.26のヨシノブ 選手、3番手に101.46のまーくん 選手と続き、上位8名が決勝に進出。決勝の追走トーナメントでは、予選4位のガチャピン 選手と、予選6位のタカヒロ 選手との優勝決定戦を制したガチャピン 選手が優勝。準優勝 タカヒロ 選手、ヨシノブ 選手が3位に入賞した。


ワールドクラス トーナメント動画


 今後のドリフト ミーティングの開催は、5月24日(日)に大阪のラジコンショップ MST、6月21日(日)に谷田部 アリーナ、そして7月19日(日)に神奈川の Gサーキットにて開催いたします! お誘い合わせの上、是非ご参加下さい!

 

エクステリアアイテムオプションパーツGOODS & TOOL

ヤタベアリーナ

ドリフトパッケージ ボディギャラリー

ドリフトパッケージ イチロクM