2008年3月22・23日 谷田部アリーナ



好天に恵まれた2日間、過去最高の参加人数でヒートアップ!

     

 気温もぐっと上がって過ごしやすくなったこの季節、寒さで出足の鈍かったラジドリユーザーも目を覚ましたのか、ドリフトミーティング・ラウンド18には過去最高となる407名のエントリーが集まりました。幸い2日間とも好天に恵まれ、絶好のコンディションでイベントを行うことができました。
 翌週にエビスサーキットのD1グランプリ開幕戦を控えているというタイミングにもかかわらず、田中一弘選手やムッシュ鈴木選手、猪瀬徹選手などにもお越しいただきました。ゲストには各クラスの審査にも加わっていただきましたが、プロドライバーならではの視点から出されるコメントは、ラジドリの世界をより広げてくれるような気がします。もちろんイベントの雰囲気も高まり、プロポを持つ手にも力が入りそうですね。

 昨年のスペシャルラウンドではエキジビションとしてツインドリクラスを設けましたが、今回からはDay1のレギュラーカテゴリーとなりました。これまではDay1にエキスパートレベルのドライバーが参加できるカテゴリーが無かったのですが、ツインドリにはたくさんのご参加をいただき、ギャラリーとしても楽しめるようになったのではないでしょうか。もっともツインドリには参加資格の制限がありませんから、初中級のドライバーにもぜひチャレンジしていただきたいクラスです。練習のモチベーションも上がり、ボディカラーを揃えるなど、いつも以上に楽しさが増えるカテゴリーと言えるでしょう。



Day2のコースは通常と同じ左回りながら、ストレート中央に規制をし、上級カテゴリーの難易度を上げました。

天候に恵まれた2日間、ドリフトコース脇に設置した展示ブースもにぎわっています。Day2は室内ピットエリアを禁煙にし、屋外スペースに喫煙所を設けました。

ヨコモレディの市川由紀さんと小泉みゆきさん。

レギュラーカテゴリーとなったツインドリクラスもなかなか好評。参加するのはもちろん、ギャラリーにもアピール度の高いカテゴリーです。

BLITZ様にお持ちいただいた展示車両、まずはランサーエボリューション10のBLITZ仕様です。

そしてこちらはインプレッサのBLITZ仕様。とても迫力のあるデザインです。

もうおなじみのTNレーシングS15シルビア。

今年もD1に参戦する猪瀬選手のFRIENDS S15。

こちらもおなじみとなっているテックアートのAE86。センスの良い仕上がりですね。

こちらは横滑演芸会with車吉(カーキチ)が持ち込んだステップワゴン。なぜかヨコモロゴも入ってます。

発売を控えたICHIROKU-Mのデモ走行も少しだけ行いました。エキスパートドライバーも興味津々。

10分の1のようなスピードは出ませんが、安定感が高く十分な迫力のドリフト走行が可能です。

超スクープの新型ボディ、ICHIROKU-M BLITZ ER34も展示しちゃいました。

こちらもかなりのスクープ画像、新型クローラーマシンも完成に近づいてきました。詳細は各RC雑誌5月号にて。

イベント開始はコンクール・ド・エレガンスから。

Day1のコンクールドエレガンス、まずはヨコモレディが選出した悪人・武選手のマークⅡ。





こちらは猪瀬選手が選んだきりゅう選手のFC3S。

ヨコモ賞はポンキッキのムック選手!?が制作したアーティスティックなペイントのチェイサーです。





仮面ライダーをモチーフに仕上げたヒロ君のFC3S。家族で楽しんでます。

ボンバーやまもとさんが選んだのはおおつか選手のハチロクですが、バンパーやフェンダーが外れちゃってたり、板金作業途中で出てきちゃったようなサフェイサー塗装だったりと、かなりリアルな仕上がりです。右フェンダー部にはむき出しの配線がタイヤでこすれちゃったところも再現されてるそうです。





Day2のヨコモ賞はドリフトミーティング常連のさとまる選手が獲得。

フタバ電子賞は木内和雄選手のFD。





田中選手はハルナっ子選手のアルテッツァを選出。

テックアート賞はSHAKE HIPの花輪選手が獲得。





Bee Racing賞はR32スカイラインに深リムホイールで迫力満点のキラヤマト選手が受賞しました。

それではここから記念撮影。
SSR with 仙台ラジコン道場、すずらん組。

爆走ラジドリ商会。

篠連合 桃色表演達。

ファインR4軍。

 ドリー夢ワークス ~回るな危険~。

チーム親玉。

ファインレーシング&もも組

先日のスーパースケールカーグランプリを制した千葉仁選手もドリフト参戦。

横滑演芸会は展示車両前で記念撮影。

 SSR with 仙台ディープストーカーズ
 SSR with 仙台ラジコン道場
 SSR with 太白軍団

スライドマスター。

篠連合Day2メンバー。

イケイケワークス。 

ファインレーシングとドリフトキング(紫組)。

THP(チームハイパフォーマンス)。 

 E☆JOY。

ウェアもお揃いのカスタム一家。 

いつも仲の良い山中親子。
 
SSR with 仙台ラジコン道場
SSR with すずらん組。
横滑演芸会のDay2メンバー。
いつもヨコモレディとして活躍していた村上よしかさんですが、今回はDVDのレポーターとして頑張っていただきました。実はMCとしてもプロフェッショナルです。
学研RC Car's REVO編集部の皆さんは自らプラカードを下げて登場!ドリフトパッケージ公認BOOKが4月4日に発売されます。

ボンバーやまもとさんはシューグーの正しい使い方を実践。そうそう、これって靴底を補修するものなんですよね。

 今回はメーカーブースをドリフトコース沿いに設置しました。こちらは2.4Ghzシステムや新型プロポ4PKが好評のフタバブース。展示即売も大好評でした。
ウェルクブースではD1グッズやウェルク限定パーツなどが販売されました。
BLITZブースではオリジナルアイテムやデカールなどが販売されました。
ORCブースでもオリジナルアイテムを販売、アパレル関連中心です。
レイブリックブースではもちろんハロゲンライトなどの製品を展示。ステッカー配布も行っていました。
TNレーシングブースでは新製品を中心に展示、飯塚さんはMCで忙しく、販売はショップで行いました。
このところ2.4Ghzシステムの台頭で、多人数の同時走行が可能になりましたが、さすがに30人ともなると大型操縦台もいっぱいです。

Day1にはおなじみD1ドライバーのデモ走行を行いましたが、ツインドリがあったためかいつもより人数が多めでした。お名前省略ごめんなさい。

初のD1認定女性ドライバーみ~選手ですが、素晴らしい走りでついに表彰台をゲット!

決勝でのミスは少し残念でしたが、ハイレベルな走りで誰もが納得の勝ち上がりでした。 

ハットリ選手はじゃんけんを勝ち抜いてFC3Sキットを獲得。

 発売されたばかりの460POWER S14シルビアも景品になりました。S14は人気が高くて品薄ですよ。

勢い余って発売前のICHIROKU-Mもじゃんけん大会の餌食に…。

お子様にもジャストサイズなICHIROKU-M。でも本当にうれしそうなのはお父さん!? 

イチバ~ン!!
子どもたちは一日中元気です。表彰式でのテンションの高さは…。

 総合結果
 
ウェルククラス(Day1)

 
 ビギナークラス

 
 キッズクラス(Day1)

 
 レディースクラス(Day1)

 
 ツインドリクラス

 
 ウェルククラス(Day2)

 
 キッズクラス(Day2)

 
 レディースクラス(Day2)

 
 ノービスクラス

 
 エキスパートクラス

 
 D1クラス

 

村上よしかさんのブログ http://murakamiyoshika.blog69.fc2.com/

ヨコモレディ市川由紀さんのサイト:http://yukinko-love.com/top.htm

ヨコモレディ小泉みゆきさんのブログ:http://ameblo.jp/miyukikoizumi

バチコンズテツさん:http://batikons.web2.jp/blog/

スライドインパクトさん:http://slideimpact.web.fc2.com/index.html

さとまるのドリ日記:http://blogs.yahoo.co.jp/satomaru491229

ボンバーやまもとさんのブログ:http://blog.livedoor.jp/jdm_yamamoto/

弾丸ブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/driftkingdangan


エクステリアアイテムオプションパーツGOODS & TOOL

ヤタベアリーナ

ドリフトパッケージ ボディギャラリー

ドリフトパッケージ イチロクM