ドリフト・ミーティング R-14 Day 1 レポート
4/27

「ヨコモ・ドリフトミーティングRound14」は4月21日(土)~22日(日)の2 Daysで行いました。Day1にはウェルク19名、ビギナー55名、ノービス34名の合計108名のエントリーがありました。


今回のヨコモレディは赤坂ヨウさん(右)と、櫛田アキヨさん(左)。


谷田部アリーナの入り口です。間口が広くなり、駐車スペースとしてアスファルトの第三駐車場が増設されました。しかしそれにもかかわらず、ドリフトイベントの人気は凄いです。日曜日には満車、ヨコモ社員の車は、敷地内に停めることが出来ませんでした。


ご協賛各社のご協力により、4台のチューンナップマシンが並びました。


「RE雨宮 GReddy D1 RX7」。昨年のD1ワールドオールスターマッチで準優勝した末永正雄選手のドライブにより、今年のD1グランプリに参戦する最新仕様車です。


前から


後ろから


ORCさんからお持ちいただいたのは、「スーパーストリートZ33」。東京オートサロンで「チューニングカー部門最優秀賞」を獲得したマシンです。


ドリフト侍選手の「RX-7 FC-3S」。


高橋ユウボウ選手の「Weld クレスタ」。


記念撮影の際に行うのが、コンクールドエレガンス賞の選出です。協賛各社により、2日間で10台が選ばれました。


実況を担当するのが、手前のTNレーシングの飯塚氏、そして実況&審査員の芹澤勇久、鈴木浩、佐藤英仁。D1クラスの決勝では、D1ドライバーのドリフト侍選手にもお手伝いいただいた。


グループ写真を紹介しましょう。まずはAKB-48。ブラジルのフライタスネットさんもおられます。


FASTドリラジ部


イケイケワークス


T-Style


チームUD


TMYレーシング


トーカイ工業RC部


team Confidence


猿滑(桃太郎組合)


麻婆とうふ店


チームYOKK


出展してくださったブースの紹介です。JDM OPTIONさんはビデオ撮影をされていましたので、JDMでラジドリ動画が流れるかも?


チューナップメーカーの「BLITZ(ブリッツ)」さん。昨年度の「D1ワールドオールスターマッチ」では、野村謙選手によって「ブリッツ・スカイライン ER34」が世界チャンピオンに輝きました!


ランプ&バルブのトップメーカーの「RAYBRIG」さん。スーパーGTで活躍されています。


クラッチの一流メーカー「ORC」さんと、展示車輌をお持ちいただいたRE雨宮の雨宮剣さん(右)。


トイラジコンで有名なTAIYOさん。”ひっくり返ってもそのまま走り続けるラジコンカー”のデモランをされました。


ドリフトプロドライバーの高橋ユウボウさん。


本職はMCのボンバーやまもとさん。


Day1では、ヨコモのD1クラス認定者による、デモンストレーション走行タイムを設けました。

ドリフトプロドライバーの、三木竜二選手と高橋ユウボウ選手も参加。


認定者によるデモランには、D1クラス決勝進出常連の選手も参加して下さり、10名の華麗なるドリフトテクニックを披露していただきました。


芝生スペースの横に、ドリラジ無料体験コーナーを設置しました。


ヨコモより、新カテゴリーとなる12分の1サイズのオフロードカー「SD12-TR」のデモランを行いました。発売間近です。


これに目をつけた取材班は、小型無線カメラをボディの上に載せました。そして、


ツインドリしている車を、後ろから追いかけ、迫力ある映像の撮影に成功したそうです。


この映像は、5月に発売されるフランスの実車チューニングカー雑誌「ADDX」に付属するDVDに収録される予定。


ヨコモレディ達もドリラジ初挑戦。



ここからはプレス関係でお起こしになられた方々をご紹介しましょう。

日本の様々なニュースを海外に配信している「日本ニュース」さんから、フランスのチューニングカー雑誌「ADDX」の担当者が来られました。


中古車情報マガジン「カッチャオ(CAR CIAO)」さん(右)。


新古車、新車、クルマ・ポータルサイト「Goo-net」さん。


D1グッズなどを販売している「ウェルク」さん。


RCカー専門誌「RCスポーツ」さん。


RCカー専門誌「RCマガジン」さん。


RCカー専門誌「RCワールド」さん。


実車のドリフト走行専門誌「ドリフト天国」さん。


自動車情報誌「J's tipo(ティーポ)」さん。


ヨコモDVDのカメラマン「中村智成」。普段はヨコモの競技用マシン他、設計を担当しています。


ヨコモホームページ用の写真を担当している、チームヨコモ所属の「木村心哉」。オフロードの全日本チャンピオンです。


ウエルククラスの決勝には、ゆうやっちょ、小川順一、山縣巧、堤卓哉、水野弘康、鈴木淳一、市原正浩、友田宏之、以上8選手が進出。


ウェルククラスの決勝スタート前、バーが上がればスタート。審査するコーナーはスタート直後にある1つのコーナーだけ。そこを上手くドリフト出来ればOKです。


ウェルククラスの優勝:ゆうやっちょ(イケイケワークス関東・予備軍)、準優勝:小川順一、3位:山縣巧(J'sティーポ)各選手。おめでとうございます! 優勝の「ゆうやっちょ」さんは、次回よりビギナークラスに昇格です!


ビギナークラスの決勝には16名が進出、8名づつを2組に分けて行いました。


ビギナークラスの決勝に進出した選手は、井坂ともゆき、生井智和、篠田洋介、八角一章、佐藤隆志、倉上光市、今野和、FREITAS NETO(ブラジル)、北野博一、佐藤雅俊、林洋一、田中裕也、松田幸夫、青木大輔、吉田幸司、鳥海朋宏、以上16名。


ビギナークラス決勝第1組。


ビギナークラス決勝第2組。


ビギナークラスの優勝:井坂ともゆき(BLITZ)、準優勝:生井智和、3位:篠田洋介、各選手でした。おめでとうございます!

決勝進出者の16名は次回より、ノービスクラスへ昇格となります(希望であればエキスパートクラスへの参加も可能です)。


ノービスクラスの決勝進出者:岡田雄二郎、勝田正憲、小泉光民、武井学、星野勝、廣瀬昌平、吉波清明、山野裕、遠藤一樹、市川薫理、宮田昇、咲川めり、荒井剛、西島正敏、足立邦夫、山崎政義、以上16名。


ノービスクラス決勝第1組。


ノービスクラス決勝第2組。


ノービスクラス優勝:岡田雄二郎(チーム守谷)、準優勝:勝田正憲、3位:小泉光民(T-Style)、各選手。おめでとうございます!

決勝進出者の16名は次回より、エキスパートクラスへ昇格となります。


決勝進出者(ウェルククラスを除く)には、特製デカルを差し上げます。パーツケースなどに貼るなど、ご自由にお使い下さい。


名前を入れますので、後日郵送させていただきます。今回Round14で決勝に残られた方は、次回Round15の際にお渡しいたします。Round15でお渡しできない方は、後日郵送いたします。


次回のドリフトミーティング(Round15)は、谷田部アリーナにて、6月30日(土)と7月1日(日)の2日間で行います。多数の参加者、そして見学者のお越しをお待ちしております。エントリー開始は大会の約1ヶ月前に行います。


関連サイト;

Goo-net店長あやこブログ:http://blog.goo-net.com/shopping/category_8/

TS-FACTORYさん:http://www.d1-silvia.com/Report18.html

スライドインパクトさん:http://slideimpact.web.fc2.com/yoko_r14.html 

イケイケワークスさん:http://pksp.jp/ikeike-juku06/

New ドリフト・ミーティング R-14 Day 2 レポート
5/5

ヨコモドリフトミーティング Round14 ”Day2”は、4月22日(日)に行いました。ウェルククラス19名、エキスパートクラス132名、D1クラス57名、計208名のエントリーがありました。Day1と合わせると316名となり、過去最高の参加人数が集まりました。


記念撮影とコンクールドエレガンス賞の選出が終わると、グループ撮影の時間となります。ラジコンの競技会というよりも、ラジコンパーティーといった雰囲気になります。


これだけ様々なボディが並ぶと、見ているだけで楽しくなります。


選ばれた5台のマシン。


コンクールドエレガンスの表彰式。今回より写真がパネル入りになりました。


Day2の展示車輌は5台、一番左のチェイサーJZX100は、D1ストリートリーガルに参戦中で、鳥小屋ワークスとして、ドリミにも参戦してくれている片岡隆史選手のマシン。

左から二番目のシルビアは、三木竜二選手の愛車。

真ん中は、RE雨宮のD1仕様最新号の「GReddy D1 RX7」。

末永正雄選手により、5月ごろからこのマシンでD1グランプリに参戦するそうです


右から2番目は、ムッシュ鈴木選手のD1ストリート号「RE雨宮 RX-7」。

一番右側は、ドリフト侍選手の「RX-7 FC」D1仕様。


ムッシュ鈴木(鈴木智哉)さん。ウェルククラスに出場されました。


D1ストリート号「RE雨宮 RX-7」。ムッシュさんはこの車に乗ってこられました。


Day2のスペシャルゲストは、手前より、ムッシュ鈴木、三木竜二、古口美範、ドリフト侍、各選手。


オフロードコースを利用して、ピットを増設しました。


ドリフトコース側のピット。


芝生上のピットと展示ブース。


全天候型となり、雨の日でも安心してイベントが開催出来ます。

遠方からの参加者が激増しました。


実車のチューニング及びチューニングパーツメーカーのRE雨宮さん。


見学者や付き添いの方が自由に遊べる、「ドリラジ無料体験走行コーナー」を設けました。


参加者が主役となるヨコモ・ドリフトミーティングのDVD撮影の様子。近日中にRound13とRound14を発売します。


12名の女性が参加して下さいました。


2日間合わせて、小中学生は21名でした。


ヘッドライトを付けたまま、この状態でピットインしているのは、ドリフトラジコンだけでしょう。


グループ写真; イケイケワークス、連合栃木。 北海道からの参加誠にありがとうございました! フェリーに乗って17時間かけて来られたそうです。


かにぱん広報部長。 こちらは福岡から飛行機です。


仙台模型、仙台ディープストーカーズ。


山梨からはジャイアン’S。


ち~む☆てっくあーとRC部


SLIDE MASTER


SLASH


レロレロレロ倶楽部


ファインレーシング


篠P軍団、パル、ラジドリ戦隊バチコンズ


うなぎのしっぽ


極麗心愚


流星郡麗神愚


連合栃木 STEEL with 尼寺軍団、桃色ドリフター with 古....。


猿滑、桃太郎組合 鳥小屋ワークス


横滑演芸会


Team Hello works


VIP連合


THP(チームハイパフォーマンス)


車大好きクラブラジコン部


WILD KING


ウェルククラスの決勝進出者:猪野遼、リョーくん、シゲさん、宮腰優、ちぇりぃ、ウェルク・さよ、Mr.後輩、おねぇ、以上8選手。


ウェルククラスの決勝。8台同時走行によるルーレット方式。


ウェルククラスの表彰。優勝:猪野遼、準優勝リョーくん(横滑演芸会 with SYNDI CATE)、3位シゲさん(横滑演芸会 with SYIDI CATE)各選手、おめでとうございます!

優勝した猪野選手は、次回よりビギナークラスへ昇格です。


エキスパートクラスの決勝進出者は16名。8名づつ2組に分けて行いました。


決勝進出者:堀田美沙子、阪下弘、主任、aki、矢尾板信幸、ハン、秋田誠則、桑山善行、松崎和広、塚田智、三澤徹、バイオレンスワールド、江田裕規、山野裕、のむ、69-ON SUZUKI 各選手。おめでとうございます。


エキスパートクラス決勝第1組


エキスパートクラス決勝第2組


エキスパートクラスとD1クラスは、外側を攻めなければなりません。


エキスパートクラスの表彰式。優勝は堀田美沙子(ドリフトキング)、準優勝:阪下弘(SLIDE MASTER)、3位:主任(ドリジマスタイル)。

以上3名は、D1クラス昇格となります。ドリフトミーティング初の、女性ドライバーによるエキスパートクラス優勝、及びD1クラス認定者の誕生です!


D1クラスの決勝進出者8名。


D1クラスの審査ポイントには0クリップというのが設けられました。

バックストレートにある出っ張りぎりぎりを通します。


D1クラス決勝進出者8名をご紹介しましょう。

予選トップ通過を果たした、だんちょ(団長一家)。


近藤忠義(宗教法人パル軍団)。


まーくん(EDR)


まーくんは、最年少D1認定者。


藤田親方(SLIDE MASTER 上尾支店)


まーぼー(つまさき戦隊ドリジマン)


田嶋理人(団長一家)


純(レロレロレロ倶楽部)


チンピラーノ☆(VIP連合)


D1クラスの優勝決定戦は、近藤(右)と、だんちょの勝負となり、栄冠はだんちょに輝いた!


D1クラス優勝:だんちょ、準優勝:近藤忠義、3位:田嶋理人


特選フォト集:今関健次(SLASH)


青山定弘(DT FACTORY 110 with DR)


山添康孝(kanagawaよこむきレーシング)


ドリジマ(つまさき戦隊ドリジマン)


フランキー吉川(パル2軍)


アベちゃん(横滑演芸会)


主任(ドリジマスタイル)


69-ON SUZUKI(レロレロレロ)


レミちゃん(団長一家)


玉川ワークス(近藤カスタム後援会長&さとまるファン倶楽部長)&ふとし(レロレロレロ倶楽部)


咲川めり(ドリフト天国)


トラフグ(VIP連合群馬支部長)


矢尾板信幸(新潟ラジドリ連合ロードルーラー)


秋田誠則(チーム守谷)


松尾強(新潟ラジドリ連合ロードルーラー)


大藤哲人(かにぱん広報部長)


山本たくみ(Team Hello works)


近藤忠義&フランキー吉川


次回のドリフトミーティング(Round15)は、谷田部アリーナにて、6月30日(土)と7月1日(日)の2日間で行います。多数の参加者、そして見学者のお越しをお待ちしております。エントリー開始は大会の約1ヶ月前に行います。


関連サイト;

Goo-net店長あやこブログ:http://blog.goo-net.com/shopping/category_8/

TS-FACTORYさん:http://www.d1-silvia.com/Report18.html

スライドインパクトさん:http://slideimpact.web.fc2.com/yoko_r14.html 

イケイケワークスさん:http://pksp.jp/ikeike-juku06/
エクステリアアイテムオプションパーツGOODS & TOOL

ヤタベアリーナ

ドリフトパッケージ ボディギャラリー

ドリフトパッケージ イチロクM